多治見かっぱ物語

『皿を割られたかっぱ様』(たじみかっぱ物語)

 

むかしむかしのことやと。

まいにち日照りがつづぅとって、田んぼも畑も干からびる寸前やったと。

たじみの村の衆(もん)たちは、雨が降らんもんで何とか降らそまぁかと、水の神様の使いと言われとるかっぱ様を祀り、なん日も太鼓をたたき続けて雨乞いをしたんやと。

するとどうやろう、天から恵みの雨がぽっ、ぽっ、ざあぁ、ざあぁと降ってきて、苗はすくすく育って、その年の秋にはものすごぉ見事な稲が実ったんやと。

ほれからは、毎年毎年、かっぱ様を祀り、太鼓をたたぁて雨乞いをし、おかげで豊作が続いたんやと。

ずうっと豊作が続いとったもんで、みんなええ気になっとった。

ある時、たじみの村の衆(もん)たち は、ひょんな事から、かっぱ様の祠(ほこら)を土岐川のふちに移しちまったげな。

怒ったかっぱ様は、雨を降らすどころか、川まで氾らんさせちまったもんで、ほりゃあかんわ!たじみは、まちごと水浸しになり、田んぼも家も、何もかも流されてしまった。

お寺のほとけ様も尾張の方まで流されちまったらしい。

そこで、村の衆(もん)たちは、今度は、太鼓をたたいて龍神様を呼んだんやわ。

龍神様は、勢いよう現れて、あばれとるかっぱ様の頭のお皿を割ったんやと。

ほぉしたら、川の水は、みるみるかっぱのお皿ん中に吸い込まれてって、いっきに静かになったんやと。

皿を割られ水を無くしたかっぱ様は、息も絶え絶え、龍神様の足元にひざまづぅておとなしぃしとったら、龍神様は、かっぱ様に新しいお皿をつけてやりゃーて、お酒をかわしながら、もうあばれん約束をして、土岐川に住まわせやぁたと。

さてさて命を助けてもらって、かっぱ様が住みはじめた土岐川には、もともとうなぎがぎょう さんおってな、焼き物が盛んな多治見の窯元の職人衆はあっつぅ火もとの作業で、精つけなあかんもんで、その土岐川のうなぎを重宝がって、よう食べとったげな。

ほんなことを知ってかどうか、いつの頃からか、かっぱ様もうなぎをぎょうさん食べるように なりゃーて、元気になりゃーてからは、あっつぅ夏の盛りにも命をちぢめることもなく、たじみの村の衆(もん)と元気に仲良くくらしゃーたそうやよ・・・・・・・。

 

 

【多治見のまちに「うながっぱ☆!」現る!】

 

「うながっぱ」は『皿を割られたかっぱ様』の話が起源。

好んでうなぎを食べたかっぱ様がうながっぱになったとも、うなぎ(龍神様?)とかっぱ様のハーフとも言われている。

近年、多治見の町があまりにも暑いので、この暑さにあやかって、町を熱く元気にしよう!と世話好きの血筋が騒いだこともあるのか、担がれて出てきたのだ。

今は多治見の「ながせ商店街」に住んでいる。

年齢不詳で独り者。

趣味は食べ歩き。

コナモン好きとの噂。

多治見あられをこよなく愛す。

熱くなる性格を冷静になるように努めているのか、時々、永保寺で座禅を組むのが目撃される。

好きな音楽は、クラッシック。

橙色の体は、沢山の人に触られたり、水をかけられると虹色に輝くという噂。